デバイス

iosのアプリ開発が注目されています|斬新なアイディアを具現化

便利な機能

スマートフォン

チュートリアルと画像編集

HTML5を利用したアプリ開発では、チュートリアル機能が利用できます。チュートリアルを表示すべきコード部に、対象のチュートリアル番号を宣言することで、WEBページを閲覧時にチュートリアル表示ができる便利な機能です。そのため、HTMLソースから見た場合には、表示すべき個所で、どんなチュートリアルが表示されるのかは、解析できないようになっています。もうひとつのHTML5の機能として画像ファイルを編集できる機能をアプリ開発できます。画像ファイルをアプリ上に表示して、文字列のテキストデータをメタデータとして画像に割付する事が可能です。画像ツールのアプリとして、日付文字列が画像に挿入する等の機能を実現できるため、便利ツールとして利用価値があります。

HTML5機能詳細

チュートリアル機能のアプリ開発では、CSS内にxを振って記述を行います。チュートリアルとして表示さえる枠・画面表示の色等もCSS内部で定義を行うことになります。チュートリアル機能は、複雑な操作機能を有したアプリをユーザが利用するのに、有効な機能となっており、ソースを複雑にせずに、実現できる機能となっています。画像編集機能のアプリでは、スマートデバイスで撮影したローカル画像ファイルを、HTML5でアプリ開発したアプリで開けば、画像に日付が挿入でき、且つどのデバイスでも同様の日付挿入が行える使い勝手が良いものですが、まだ一部のWEBブラウザでのみ対応した機能となっています。ブラウザの進化とともに機能利用が可能になってくると思われます。ネイティブアプリをインストールせずに、気軽に画像ファイル編集ができるのは、WEBアプリの魅力です。